NEWS

ホーム/ 2019年のNEWS一覧

新年のご挨拶

お知らせ
2019/01/01

新年挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

おかげさまで52年目の新年を迎えることができました。
当社はデータエントリ(入力)事業を祖業とする総合情報サービス企業として、データエントリ事業、各種事務委託業務(BPO)事業、ソフトウェア開発、医療情報ネットワーク構築・臨床向けアプリ事業、ヒューマンリソース提供事業など、社会の幅広いご要望にお応えしてまいりました。

最近はAI、ロボティックス技術の進展により事務作業のロボット化もその黎明期を迎えています。
一方、製造業では産業ロボットが普及して久しいですが、皮肉なことにデータ作成やソフトウェア製造などIT分野のロボット化は未だ成し遂げられていません。
IT業界は他業種へのAI導入やロボット化で貢献しつつもその作り手は未だヒトでしかなく、ヒトが必要とするソフトウェアをAIが自動的に製造することはまだ実現していません。
データ入力においては活字文字のOCR等機械読み取りはほぼ実用に足りますが、署名捺印の文化がある我が国の手書き文字については、ロボット化での機械読み取りは事実上不可能な状況です。

ITは社会活動の電子的な空間における相似形、いわばシミュレーションです。ヒトが持っている知識、経験、社会性、あるいは良識に基づき情報が正しく扱われるべきです。このヒトの能力があって初めてデータ(値)が正しい認識・意味を伴ってインフォメーション(情報)化されることとなります。

ここまでお読みいただいた方は小職が言わんとしていることをご理解いただけたかと思いますが、ITサービスは、正に人間力でしかなく皆様のご支援のもと当社所属の人々が人間力を発揮しやすい環境をますます充実させていきたいと思っております。

どうか本年も皆様からのご指導・ご鞭撻を頂き、さらなる成長をめざすべく努力してまいります。
何卒、宜しくお願い申し上げます。



株式会社電算
代表取締役社長 河野 純